病院で処方されるニキビ用の外用薬やにきび跡を美白するための外用薬について解説

にきび跡に効くスキンケア&治療の基礎ガイド|メインイメージ

ニキビ跡外用薬の効果

皮膚科や美容クリニックで処方される外用薬

ニキビ跡を治療するために、一般的な皮膚科を訪れると、外用薬を処方されることが多いですね。

 

ニキビの外用薬として一般的によく使用されるのが「アクアチム」という抗生物質です。
この外用薬には殺菌効果があるので、ニキビ自体を治療するのには有効な外用薬として知られています。
ですが、残念ながらこの薬には、ニキビ跡に有効な成分は含まれていません

 

ニキビ跡の治療としてよく用いられるのは「ビタミンC誘導体ローション」という外用薬です。
ビタミンC誘導体には、ニキビ跡の赤みを抑えて、色素沈着に有効に働きかけるパワーがあります。
化粧品などにも含まれる成分ですが、皮膚科で外用薬として処方してもらったもののほうが、余計なものが入っていない分、安心して使用できます。

 

また、ハイドロキノンという外用薬も、ニキビ跡の治療に有効です。
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、色素沈着に有効に働きかけて、にきび跡を薄くしてくれます。
シミ治療などにも使用される外用薬で、家庭用の薬としても販売されているものです。

 

繰り返し外用薬を使用するイメージ

 

これらのニキビやニキビ跡治療に使用される外用薬は、数ヶ月ほどの期間使用し続けることで効果が表れてきます。
化粧品よりは即効性があるものの、美容皮膚科での治療に比べれば、やや気長に構えなければならない治療法だといえますね。

 

ニキビやニキビ跡の治療に使用される外用薬は薬であるために、高い効果が期待できる半面、副作用もあります。
化粧品とは違うのだということを念頭に置いて、正しい使い方をすることが大切です。

 

たっぷり使えばよいというものではなく、適量を気になる部分に使用し、できれば信頼できる皮膚科医の下で治療するのが理想ですね。

 

また外用薬はあくまで患部にのみ塗布して使うので、それ以外の顔全体のケアは必ず必要になります。
病院で外用薬を貰ったからといって、スキンケアを怠るようなことはしないように注意しましょう。
日頃からにきびやにきび跡の改善に効果が期待出来るスキンケア用品を使っておくことをおすすめします。

 

 

この記事を書いた人:K子 K子のアバター