まだ間に合う!凸凹肌の治療法

にきび跡の凸凹肌はなめらかになる?

にきび跡の中でも、特に頑固で治りにくいとされているのが、凸凹状態のにきび跡です。

 

凸凹にきび跡は、家庭でのスキンケアでは、完治させることが難しいといわれています。

 

ですが、最近では美容皮膚科で、様々な治療法が実施されており、諦める必要はありません

 

凸凹にきび跡に有効な治療法には、

  • ケミカルピーリング
  • フラクセルレーザー
  • フォトフェイシャル
  • FGF治療
  • 培養表皮移植

といった様々な方法があります。

 

専門の医師が、状態を見極め、その人に合った治療法を行ってくれるので、高い効果を期待できるのです。

 

できるだけ早く美肌を取り戻すために症状に気づいたらすぐに治療を開始するのが理想的です。
悪化する前に治療を開始したほうが、効果も早く出ますし、治療にかかる費用も少なく済みます。

 

軽度の凸凹にきび跡であれば、何事もなかったかのような美肌を取り戻すことも可能ですし、
重度の凸凹にきび跡であっても、かなり目立たない状態までに改善することができます。

 

治療には長い時間と高い費用がかかりますが、確実に肌表面が滑らかになっていくのを実感することができるでしょう。
治療を始めて数回では、「思ったほど肌が滑らかにならない」と落ち込んでしまうかもしれません。

 

ですが、回数を重ねるごとにだんだんと効果が表れてきます
長い人では、数年かかってようやく肌が滑らかな状態まで回復した、というケースもあるほどです。

 

一生凸凹のにきび跡を抱えた肌で過ごすことを思えば、数年の歳月を費やして治療を行うことも、それほど苦にはならないのではないでしょうか?

 

肌の凸凹が滑らかに整うだけでも、見た目の印象が大きく変わり、メイクをするのも楽しみになりますよ。