目薬はにきび跡に効果があるって本当?!その根拠と安全性を徹底調査しました!

にきび跡に効くスキンケア&治療の基礎ガイド|メインイメージ

にきび跡に目薬が効くというのは本当?

点眼薬・目薬

にきび跡に目薬が効くという噂があります。
ネットを調べてみてもニキビと目薬というキーワードでヒットしたサイトのいくかに行き当たりNAVERのまとめサイトまで存在しています。
果たして都市伝説なのか、一定の効果があるのか、と半信半疑にならざるをえませんが、その真偽のほどはどうなのか・・・。

 

率直にいうと一定の効果はあるらしい・・・

 

ですが公に認められた方法ではないので、あまりおすすめできるものではなさそうです。

 

「小さく出来たニキビに目薬をつけたら治った」
「目薬の充血を抑える成分がニキビの炎症も抑える」
など事例ともっともらしい根拠が紹介されています。

 

具体的には綿棒に目薬をつけてニキビに塗布するという方法です。
この塗布するという処置がポイントで、サプリメントなどを服用するというアプローチと違う直接的な処置であるところが押さえておきたいポイントです。

 

疑問と不安を隠しきれない女性

 

メカニズムとしては目薬には目の充血を抑える血管収縮成分が入っているため、それがニキビの炎症にも効果的であるというものです。

 

その成分とは

  • 塩酸ナファゾリン
  • 塩酸テトラヒドロゾリン
  • グリチルリチン酸ニカリウム

などです。

 

おそらくそういった成分がニキビの炎症を抑える作用があるということで一定の効果があるということは認めざるをえません
しかし公に認められた治療法ではないためあくまで「自己責任」で行うことが前提になってきます。
そして目薬をニキビに処方しているうちにかゆみや悪化などが起こったという場合にはただちに医師に相談することをおすすめします。

 

安易に「ニキビができたら目薬を差して治せばいいや!」と考えずに日ごろから正しい生活習慣を心掛け、自分に適したスキンケアを継続することが大切だと思います。

 

どうしてもスキンケアではなく、ピンポイントに塗れる薬が欲しい場合は、病院で処方される外用薬を使用することをおすすめします。