にきび跡は10代の頃にケアしておこう!

10代のにきび跡の特徴

10代の頃は、皮脂分泌が盛んでホルモンバランスも不安定なため、最もニキビに悩まされる時期でもありますよね。

 

青春の象徴なんていわれるくらいですが、できればニキビは作りたくないものです。

 

10代で出来るニキビには、中心部に脂の塊があるようなニキビが多く、
ついつい、潰して脂を出そうとしてしまいます。

 

また、クラブ活動などで汗をかく機会も多く、ニキビに菌が入って炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

このような状態が起こることにより、10代では、赤みを帯びたニキビ跡ができやすくなるのです。

 

特にニキビが大量にできる人の場合は、顔全体が赤ら顔になってしまったように見えるほど、赤くなってしまいます。

 

ですが、ちゃんとしたケアを行えば、すぐに治すことができるのも10代のニキビ跡の特徴です。

 

10代の頃は、代謝が活発なので、肌のターンオーバーもきっちり28日周期で訪れる人がほとんどです。だから、ニキビ跡ができてしまっても、ターンオーバーによってキレイに治りやすいのです。

 

ニキビ跡を紫外線にさらしてしまうと、色素沈着を起こしてしまうことがあるので、
紫外線対策をきっちり行い、スキンケアをしっかり行いましょう。

 

あまりにもひどい炎症を起こしているようなニキビ跡であれば、皮膚科で治療を受けたほうが良いですね。

 

市販のニキビケア化粧品よりも、効果の高い専用の外用薬を処方してくれます。

 

油断して、「10代だから何もしなくても大丈夫」なんて構えていると、一生消えないシミになってしまう可能性もあるので、出来てしまったニキビ跡にはしっかりケアするようにしましょう。

 

10代のニキビ跡は範囲は広くても、症状自体は軽いことが多いのが大きな特徴ですが、油断は禁物。悪化する前の早めの対処が大切なのです。